工場紹介

第一製造工場

第一製造工場では主に枝肉のカット作業が行われております。

『枝肉脱骨・整形ライン』

屠蓄場で厳しい検査に合格した「牛枝肉」が専門の職人によってカットされています。

『真空包装機』

カットされた牛肉は真空パックでラッピングされます。

『金属探知機』

万が一に備えて二方向からチェックのできる金属探知機を使い安全を徹底しています。

『食品放射能測定システム』

国の定める放射性セシウムの基準値に合格した原材料を仕入れて、 さらに当社独自に放射能測定システムを使い、二重のチェックを行ってより安全で安心な食品を提供しています。

第二製造工場

第二製造工場では冷凍調理食品の製造が行われています。

『製造ライン』

蔵王ミートの人気商品でもある、国産牛を使った「牛丼の具」の製造ライン。 当社ならではの発想と技術が一貫したシステムを作り上げました。

第二工場では他にハンバーグ・カレー・ビーフシチュー・焼肉丼などの製造も行っています。

『X線異物検出機』

商品内部を透視するX線異物検出機を使いより確実で高度な品質管理を徹底しています。 当社ではX線異物検出機を3台設置しています。

第三製造工場

第三工場ではメンチカツ・生ウインナーなどの製造が行われています。

『CAS(キャス)フリーザー』

これまでの常識を覆す技術で「冷凍でも限りなく生に近い状態」で冷凍できる『CAS冷凍装置』を使い、 鮮度や食感を損なうことなくおいしい食品を食卓にお届けします。

検査室

HACCP(ハセップ)をも凌ぐ品質管理体制のもと、
「美味しい食品を安全に。」をテーマに製品が生み出されてます。

『細菌検査室』

細菌検査、官能検査など、さらに厳しい検査を経て美味しく、安全な製品を皆様にお届けします。 また、作業現場で使用する包丁やまな板などの器具機材や、作業員の手指の消毒状況なども厳しく検査されます。

本社工場

〒999-3115
山形県上山市高野147番地
TEL 023-679-2326
FAX 023-679-2604